USB DAC内蔵バスパワードスピーカー、JBL Pebbles

パソコンのUSBに接続するだけの簡単セッティング

このスピーカー「JBL Pebbles」はUSBバスパワーで動くので、

PC・Macに接続するだけで簡単に接続できるのが良いですね。

カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色展開でアクセントカラーに

オレンジを入れているのがポイントのようです。

(ここは好みが分かれると思いますが僕は好きです。)

USB DAC内蔵なので、高音質で再生できるのも売りの一つですね!

USB DAC内蔵による高音質再生

パソコン内部で生じる様々な悪影響を避けるために、パソコンからUSBを通じて音楽信号をデジタルにて伝送、本体内蔵のD/Aコンバーターが音楽データのポテンシャルを余すところなく引き出します。さらに独自のコンピューター・シミュレーションを駆使したデジタル・シグナル・プロセッシングにより、ナチュラルで高品位なJBLサウンドを実現します。

公式サイトより引用(JBL Prebbles

 

音量調整はロータリー式コントローラー

音量調整も本体で簡単に調整することができます。

ロータリー式のコントローラーを操作するのですが、+・−の表示があるので

その方向に向かって回すだけでOKです。

ストッパーなどはなく、限度なく回り続けるのですが、

PC・Macに音量が連動しているので、最大音量の設定になったら

そこで調整が止まる仕様のようです。

 

やはりJBL、音質には不満なし!だが…

ハーマンが資本のブランドだけあって

音質には不満はないですね!僕は特に音質にこだわるタイプでもなので

この価格帯でこのパフォーマンスには大変満足です。

JBLの他にもハーマンカードンのスピーカー、

SOUNDSTICKS® WIRELESSも所持しているのですが、

こちらも大変すばらしい商品です。

Bluetoothでワイヤレスでモバイル端末などに接続できるのが最高ですね!

JBL Pebblesもとてもすばらしいのですが、

一点問題があって、音量がとても大きいです。

僕の環境では音量設定をとても小さく設定しても音量が大きいので、

ちょっとでもボリュームコントローラに触れると爆音になってしまいます。

それだけ本体のサウンドが効いていると言うことなのでしょうが、

一人暮らしのアパートではちょっと問題ですね…

ここは設定次第でなんとかできるので大した問題ではないので良しとしています。

それだけメリットが大きいということですね!


More Design Freedom

デザイン・イラストのご依頼はgluck designにて承っております。
サイトを作ったけど集客がうまくいかない、広告チラシを作ったけどいまいちデザインに納得がいかない…などのお悩みを一緒になって解消しませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

デザイン会社で計7年間つとめ、デザインやディレクション、CG制作やWEB制作等のクリエイティブを経験し、その経験を活かしクリエイティブの可能性を最大限発揮できるよう常に新しい知識・技術を学んでいます。 ガジェット、デザイン知識・素材などの紹介や気になることを記事にしていきます。